このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノート値引き~2016年新型e-power~

ノートの値引き2016年モデルはコレ!

ノート値引き購入を狙っている方はきっと多いと思います。

2016年11月にマイナーチェンジされたばかりの日産新型ノートe-powerですが、知り合いの車屋さんに聞いたところ、今回のノートはやはり燃費性能が格段にアップされたということで、結構注目されているんだそうですよ。

そんな新型ノートですが、値引き購入となるとマイナーチェンジ直後ということもあって、やはり車両本体価格からの値引きは渋めだということです。まあ当然ですよね。

セオリーどおりの同士競合(同じ地域内にある日産、サティオ、プリンス店による競合)や、ハイブリッド車ならアクア、フィットHV、デミオディーゼル、ガソリン車であればフィットやスイフトなどのライバル車競合のテクニックを駆使しても、値引き額としては10万円に届くかどうかといったところ。コチラの調べでは、現状8万円というところが目標値引き額の精一杯のところのようでした。

新型ノートの一番のおススメグレードとしては「e-POWER X」ということで、こちらは税込み価格が1,959,120円となっているのですが、たとえばグレードを下げて「e-POWER S」にすると税込み価格は1,772,280円と下がります。

ただし、この「e-POWER S」の難点は、なんとエアコンが付いてないということ。値引きが渋い中でいくら費用を安く抑えるためとはいえ、エアコンがないのはさすがに厳しいと思いますので、このグレードを選ぶ方はほとんどいらっしゃらないでしょう。(いたらスミマセン (^^;; )

それ以外でちょっとでもオトクに新型ノートを購入したい場合に考えられるのは、せいぜいオプション値引きをどれだけ引き出せるかというところになるでしょうか・・・。

→ノート値引き購入に役立つ有料サイトを今すぐ知りたい方はコチラ!


ノート値引き~下取り交渉について~

ノートの値引きで下取り交渉はアカン!

ノートの値引きに限らず、新車購入で少しでもコストダウンを計ろうとする場合に気になるのが、今まで乗っていた愛車の下取り金額がいくらになるのかということになるかと思います。これによってどれだけコストダウンできるかが変わってきますから、ノート値引き購入の最重要ポイントといっても過言ではないでしょう。

とはいえ、驚くことに大多数の方は、自分の愛車が現状どれくらいの価値を持っているのか、中古車市場においてどのくらいの金額で取引されているのかといった相場情報を知らないままディーラーとの商談に臨んでいるんだそうです。これでは飛んで火に入る夏の虫ですよね。

ノート値引き交渉の相手はいろんなセールストークを身につけたプロの営業マン。なんだかよくわからないうちになんとなく得したような気になって契約させられ、後で気づいたときにはかなり損をしていたということにもなりかねませんよ。実際そういう方はかなり多いんだそうです。

ですから、ノートの値引き交渉に向かう前の重要事項としては、最低でも現在お乗りの愛車が実際はどのくらいの値段で売買されているのかを把握しておくということになります。

そうは言っても、どこでどのようにしたら愛車の値段が確認できるのかわからないという方もきっと多いのでしょう。

ですが、これについてはカンタンです。複数の中古車買取業者を当たってみて、買取査定の見積もりを依頼すればいいのです。それらを平均すると、大体の今の相場というものが把握できます。

複数の中古車買取業者ですからそうですね、5~6軒くらいは回っていただきたいところですが、時間が取れないという方であれば3~4軒でもいいでしょう。

ですがお仕事をされている方であれば、休日返上で一日1~2軒というところが関の山。時間も労力も結構かかってしまいます。おそらくそれだから、皆さん特に調査もせずにディーラーの営業マンに言われるがまま、今までの愛車を下取りに出してしまっているのでしょうね。でもこれはかなりもったいないですよ。

ノートの値引き交渉前にすることとは?

中古車買取専門店に買取してもらうのとディーラーに下取りしてもらうのとでは、買取専門店の見積の方が高額である場合が多いです。それも5万円前後などという金額ではなくて、場合によっては数十万円も変わってくることがザラにあります。

なぜそんな風に違ってくるのかというと、買取店舗というのは再販売を目的としていて、買い取ったクルマを自社の店頭で販売したり、オートオークションで競りにかけたり、需要の高い海外へ輸出したりと様々な方法で利益を出していけるため、ある程度高値であったとしても買取をしてくれる場合が多いからです。

一方ディーラーの場合は新車購入の支援的意味合いでの下取りとなりますので、たとえば新型ノートの車両本体からの値引きがあまりできない場合は、下取り金額を高めにしてその分を補う、また逆に車両本体からの値引きがそこそこできる場合は、下取り金額は低めに設定するということが行なわれるのです。

このように一見同じ様に感じられる手続きでも、中身はだいぶ違うものとなります。

ノートの値引き交渉に臨む前に、今の愛車の価値を把握しておくということが大切なのは理解できたけど、やっぱり何軒も中古車屋さんを回るのはとても面倒だという方はいらっしゃいます。気持ちはとてもよくわかります。そんな方にぜひご利用いただきたいのが「車買取一括査定サイト」です。


ノート値引きのとっておきの方法とは?~車買取一括査定サイトのススメ~

ノートの値引き購入の際、ディーラーの下取りで損をしないためにも今の愛車の本当の価値を知っておくためにぜひご利用いただきたいのが先ほど述べた「車買取一括査定サイト」です。

ノートの値引きおススメの方法とは?

※こちらは「かんたん車査定ガイド」の1画面です。

これはどういうものかというと、カンタンな車情報(車種名、製造年度、走行距離など)と、お客様の連絡先などを記入するだけで、お住まいのお近くの車買取業者にいっぺんにコンタクトをとることができるというものです。つまり、ガソリン代や沢山の時間をかけて一軒一軒回る必要がないということです。

ノートの値引き方法はこれが一番!

上記のようなフォームに記入後しばらくすると、いろいろな買取業者からメールや電話にて連絡が来ますので、あとはお好きな時間と場所を指定して査定に来てもらうだけです。これは非常に便利ですよね。

このようなサイトはいろいろあるのですが、だからこそどれを選んだらいいかわからないという方もいらっしゃいます。

実は比較してみると、各サイトそれぞれに特徴がありますので、かならずアナタのおクルマにピッタリなサイトが見つかるはずです。当サイトでは厳選5サイトを下記にご紹介しますので、ぜひじっくりと見比べてみてください。ノートの値引き購入の際にきっと役立ちます!

かんたん車査定ガイド

ノート値引き購入にお役立ち!カンタン車査定ガイドです!

  • 最大10社の見積もり金額を無料比較!一括査定サイトの決定版!
  • 提携各店舗で買取強化中なので今が大チャンス!ノートの値引き購入にかならず役立ちます!
  • 運営元は東証一部上場企業!提携買取店も優良店のみ!
  • 所要時間わずか45秒で入力も超簡単!概算価格まですぐわかる!

ノート値引き購入なら一括見積もりサイトを上手に使用しましょう!

ズバット車買取比較

ノート値引き購入にはズバット車買取比較も有効です!

  • わずか1分の入力だけで最大10社の査定額を比較!コチラも完全無料です!
  • 全国150社以上と提携の一括査定比較サイト!ノート値引き商談前のチェックは必須!
  • カスタマーサポートが初心者にも大好評!累計利用者も100万人以上!

ノート値引き購入なら一括見積もりサイトを活用しましょう!

カービュー事故車見積もり

ノート値引き購で愛車が事故車だったらカービュー事故車見積り!

  • 愛車が事故車であってもあきらめなくてOK!高額査定可能かどうか完全無料でお調べします!
  • 利用者300万人以上というのもここだからこそ!業界トップクラスなので安心できる!

ノート値引き購入の際マイカーが事故車という方向け一括査定サイト!

楽天 無料愛車査定

ノート値引きにプラスしてポイントも貯まる楽天無料愛車査定!

  • さらなるノート値引きを希望するなら必見!皆さんご存知「楽天市場」が運営する一括見積もりサイト!
  • ご成約の暁には楽天ポイントもプレゼント中!ポイントを貯めているのなら特におススメ!

ノート値引き購入でポイントもゲットしたい方向け一括見積もりWEBページ!

外車王

ノート値引き購入時には愛車が外車でもOKの外車王!

  • もしもアナタの愛車が輸入車や外車なら価値を知る専門店にオマカセ!高額査定続出中!
  • 外車のことならどんなことでも相談してください!

ノート値引き購入の時下取り車が外車という方の一括査定WEBサイト!

ノート値引き購入~新型ノートについての豆知識~

ノート値引き購入について抑えておこう!

ノート値引き購入の前に、新型ノートについて少しおさらいをしておきましょう。

ノートは発売されてから4年以上経っていますが、いまだに売れ筋のコンパクトカーとなっています。今回のノートははマイナーチェンジで「e-power」が加わったのですが、これがなんといっても注目されているというわけです。

「e-power」というと初めて聞く人も多いとは思いますが、カンタンに言うと充電機能のないハイブリッドのこと。カタログやオンラインのHP上では「ハイブリッドシステム」と表記されるものになっているのですが、あえて「e-power」を名乗っている理由としては、電気自動車の充電機能と駆動用電池を直列1200ccエンジンに置き換えたからなのです。

通常のハイブリッド車はエンジンとモーターの両方がホイールを駆動するものになっていますが、「e-power」の場合はエンジンはホイールを駆動せず、発動機を作動させることによって電気を生み出し、その電気によってモーターがホイールを駆動するものになっています。

ちなみにこのようにエンジンが発動のみを行なう方式のことを「シリーズハイブリッド」と呼び、実燃費の向上にも一役買っているものとなります。

新型ノートの売れ筋のグレードではJC08はモード燃費34km/Lという数字です。また、駆動はモーターが担当しているため、滑らかな加速が実現して、静粛性にも優れているものとなっています。

エンジンの役割としては発電のみとなっているため、走行状態に左右されることなく効率の良い運転がいかなる時でも可能なものとなっています。

ノートの性能面を見てきましたが、外装も変更点がいくつかあります。

まずはフロントですが、メッキ仕様のV字型フロントグリルが装着されています。「e-power」の場合だと、ブルーラインがグリル部分に入っているため、ノーマルエンジン搭載車等ほかの仕様のものとの区別が一目で付くようになっています。

また後部ですが、テールランプがワイドデザインになり、バンパーの形状も変更されているようです、これによって従来のノートと比べるとボディが低くて幅広い印象となりました。

ちなみに今回のノート、ボディサイズとしては変更がなく、全長4100mm、全幅1695mm、全高は1525mm(4WDは1535mm)とのことです。

ノート値引き購入には基本知識も必要!

ノートの今回のマイナーチェンジモデルではハンドルの形状も変更となっているようで、下部が平らなデザインとなっています。これはスポーツカーなどでよく採用されている形で、足元の空間が広がるというメリットがあるのですが、もともとノートは足元が広いものですから、もう少しデザイン重視のものとなっているようです。

そして「e-power」の場合は、メーター部分の速度計の左右に専用のファインビジョンメーターが備わっており、作動状態がわかりやすくカラー表示されています。

新型ノートは大まかにこのような使用になっているのですが、ライバル車といえばやはり全高を1550mm以下に抑えたコンパクトカーになってくると思われます。

ノートの値引き交渉時のライバル車設定としてはズバリ、アクア、フィットハイブリッド、デミオのクリーンディーゼルターボが挙げられるでしょう。ノート値引き商談の参考にしてください。


ノート値引きの目標額を達成するために

ノート値引きの目標額を絶対に達成したい!

ノートの値引きの目標額は8万円くらいがせいぜいだということは以前にも述べましたが、やはりノートもマイナーチェンジ直後というだけあって、交渉の仕方次第では全く値引きがないということもありえます。そのようなことにならないためにはどのようにノートの値引きを進めていけばいいのかについてレポート解説していきます。

ノート値引きでは同士競合も効果的!

ノートの値引き交渉では、ライバル車競合だけじゃなく同士競合もかなり効果的なので、同じ地域内に日産、サティオ、プリンス店がある場合はぜひとも見積りを出してもらいましょう。ノートの値引き額が予想以上に拡大するかもしれませんよ。

ノート本体の値引きだけではなくオプション値引きも!

ノート本体からのさらなる値引きが厳しい場合は、ノートのオプションをいろいろつけて、そこからの値引きにも期待しましょう。オプション値引きの場合は10~20%くらいの値引き額が見込めます。

ただしトータル金額は上がりますので、値引きのために不要なオプションを無理につけるのはNGです。それ以外にもノートの用品値引き等も積極的に狙っていきたいですね。

ノートの値引き交渉前に必ず相場チェック!

こちらは先述していたとおりですが、やはり現在の愛車の買取相場を把握しておかないとお話になりませんね。焦りは禁物、必ず事前に車買取一括査定サイトで下調べをしておきましょう。もしも下取り価格に納得がいかない場合は、そのまま買取業者に売却してももちろんOKです!

複数業者にいっぺんに見積に来てもらおう!

これもポイントですが、いろんな業者とバラバラの時間帯で査定の約束をしてしまうと、うまいセールストークに乗せられて一軒目の業者に売却してしまうことにもなりかねません。そうすると何も比較ができないので全く意味がないですね。

同業他社と同席することを嫌がる業者も実際多いと聞きますが、できるだけ一緒に査定をしてもらうようにし、もしバラバラの時間帯になっても絶対にその場で即決ということはしないようにしてください。

売却が決まったら手数料や振込み期日をチェック!

ノートの値引きというよりは、もしも買い取り店にそのまま売却することが決まった時の話ですが、提示された金額があとで変わるようなことはないのかということをしっかりと確認しておいてください。お店によってはクルマの引き取り手数料やさまざまな諸費用を請求される場合もあると聞きますので、後々のトラブルを防ぐためにも必ずチェックが必要です。

また、売却金額がいつ支払われるのかということについても確認は怠らないようにしましょう。

この二点については、できれば書面で残してもらうようにするのがベストです。ここがしっかりしてないと、ノートの値引きどころではありません。大損してしまいます。しつこいようですが、絶対に忘れないようにしてくださいね!

以上でノート値引き情報は終了です。当サイトを参考に、ぜひともノートの大幅限界値引きを成功させていただけましたら幸いです。

参考サイト:日産自動車ホームページ